++かかお邸の大掃除++


2004年1月15日部会後夜11:00頃…。



GET-TOGETHER(新歓イベント)の音響作りの為、
一行はかかお邸に行くことになった。




かかお:
「部屋汚いからイヤですよ〜。(汗)」

このせりふを聞いて、そーせきは面白がって行こうと言った。

かかお:「嫌だって言ってるのに〜・・・
     あ,とーふさん,掃除のオバサンとして一緒に来てください。」



・・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄;
…お姉さんだろ。。。。











以前,私はかかお邸に行った事があり、その
惨状を知っていた。
これは皆驚くに違いない・・・片付けきれるのか・・・。














メンバー:
とーふ(大2),そーせき(大2),しんじょー(大1),家主であるかかお(大1)の4人。

お店で音響作りで使うCDを借りて、編集用のMDを買って向かった。


しんじょーはかかお邸の3件隣にある友達の家でしばし待機。

扉を開くや否や・・・











「だはははははははははははは!!!」

そーせき大爆笑!













かかお:
「ちょっと待って下さいね、
   怪しいもの片付けますから・・・。(謎)」


・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄;
怪しいものって何だ?(汗)









玄関は新聞紙や物が散乱しており、
ホント、
人が住んでいるのが不思議な程で、足の踏み場がナイ。

貧乏じゃないけど、『銭金』(貧乏人を紹介する深夜番組)で
紹介して貰ったらいいんじゃないかってくらい・・・凄い!!!!






まさに,未知の世界!











そーせき:「これはみんな見たら誰でも驚くぞw」

とーふ:「かかお,
A型って嘘だろw」



取り敢えず,部屋の掃除から始めた。

まず、玄関先に散乱している新聞紙をたたみ、紐でまとめていく。
見た感じ、ざっと
3ヶ月分くらいあった。




しばらくして、しんじょーがちょっとこっちに戻ってきた。


しんじょ〜:
「うぉっ!何っすか、ここ。(汗)」



それはこっちがききたいwΣ( ̄▽ ̄;)



そーせき:「
あはははははは!(爆笑)すっげー面白いよ!
       あ、でもしばらく片付かないと思うから、友達の家に行っていてもいいよ。(笑)」

とーふ:「そーしんさい。うちらで人が入れるスペースが,
       出来るくらいまで片付けよるけん。」


そして、しんじょーを見送った後、3人で
猛ダッシュで掃除をした。








出て来る出て来る・・・ごみの数々・・・。。。

何故かファンデーションや、除光液発見。


ごみをまとめると、なんと
3袋分にまでなった。














そーせき:「おっ、アフロがあるじゃん。」

かかお:「クリパ(クリスマスパーティ)の時の衣装ですよ。」

そーせき:「ほほ〜。これをこうして・・・」


そーせきは
スヌーピーのぬいぐるみアフロを被せた。


そーせき:「yuka(大2・スヌーピー好き)が見たら怒るだろーなぁ。。」

かかお:「やめてくださいよ。(汗)」

とーふ。:「送ってみよう♪」



yukaにアフロを被せたスヌーピーの写めを送る。



すぐさま返信がきた。


yuka:
『微妙に可愛いような,可愛くないような・・・。』




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄;
OKなんかい。














そーせき:「うわー、yukaさんから貰った化学科の過去問題こんなにぐじゃぐじゃにして。。
       
yukaさんに言い付けたら、もう貰えなくなりそーだよなw

かかお:
やめてくださいよ。(涙)」



と言っているのに思わずHPに書いてしまっている私。。
ごめんね♪(´▽`)











そーせき:
「かかお,肝心のコンポは?」

かかお:
「ああ、そこです、そこ。」



そーせき:「え?(汗)」




かかおが指差した先は
服の山だった。

かかお:「その下のダンボールの中に入ってるんですよ。」

そーせき:「は・・・?
ダンボールが見えてないんだが・・・
      もしかして埋まってるんかい!」

かかお:「そーですよ。」

とーふ。:「しゃーない、服たたんでみるか。。」

そーせき:「いや・・・
こりゃたたむ必要ないだろ・・・朝になるぞ。(汗)

かかお:「ここにかけてください。ハンガーどうぞ。」

とーふ。:「はいはい。。。」




しばらくして
コンポ発掘完了。
ダンボールに包まれたまま、あった。

・・・そう,全ては,
実家から持ってきた時のまま。。













かかお:「片付いてきたら寒くなってきたぁ。」


西条の夜は寒い。
最近は深夜〜明け方は−4℃まで気温が下がる。



そーせき:「やっと人が入るスペース出来たな。ちょっと寒いし疲れてきたが。。。」

とーふ:「暖房とか付けん?ってか、かかおいつも暖房とか付けちょらんの?」

そーせき:「コタツ付けないのか?」

かかお:
「部屋が汚いからまだ出してないんですよ〜。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄; 納得。。。






とーふ:「いつもこの状態で寝てんの?(汗)寒くないん?」

かかお:「ほら、だから
ハロゲンヒーター買ったんですよ。」
     (押入れから,ハロゲンヒーターを取り出す。)

とーふ:「んなもん買ったの!?(汗)」

かかお:「(´▽`)すっげー暖かいですよぉ〜♪」

とーふ&そーせき:「金持ちだなぁ。。。」

かかお:「そうはいっても¥5000くらいですからね〜。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄;
それよきゃコタツあるんなら、出した方がいいぢゃん・・・。。。




という訳で、片付けた先からホットカーペットを敷いて、コタツを出した。

しばしコタツに感動するかかお。









そーせき:「そろそろしんじょー呼ぼうや。」

かかお:「とーふさん、連絡して下さい。」

とーふ:「はいはい。。。」



しんじょーに電話をかけて呼び出す。






ガチャッ・・・



しんじょー登場。

早速音響作りに取り掛かる。

コンポの電源を入れ・・・
ぽちっ。。。

しんじょ〜:
「あれ?開かないよ?(汗)」

かかお:
「あ〜・・・あれれぇ?」

そーせき:
「・・・壊れているのか。。(汗)」

とーふ:
「まじ・・・?(汗)」




結局何の為に行ったんだか・・・
かかお邸の掃除をしただけで
終わってしまった。。。








そーせき:「面白かったけど、疲れたな。。。」

とーふ。:「うむ。。」


・・・お願いだから、もう部屋をキレイに保ってね♪(汗)
inserted by FC2 system