++豆腐100珍++

天明2年(1782)…

豆腐を使った料理100品と,
その作り方を解説した『豆腐百珍』が出版された。

著者は,醒狂道人何必醇(せいきょうどうじんかひつじゅん)。
(これはペンネームで,本名は篆刻家の曾谷学川(そやがくせん))


料理の専門家でない文人が,趣味で書いた本だそうです。

『豆腐百珍』はまたたく間に大ベストセラーになりました。
翌年には『豆腐百珍続編』が,更にその後『豆腐百珍余録』が出版されています。

また,1つの食材を使って100種類の料理を作るというのがウケて,
『鯛百珍料理秘密箱』『甘藷百珍』等の本が出版されました。


『豆腐百珍』では料理を6つにわけて解説されています。
・前半の3つ・・・ごく日常的に食べられている料理。
・後半の3つ・・・ちょっと変わった料理。

後半部分には,「蜆(しじみ)もどき」「香魚(あゆ)もどき」など,
「もどき」という言葉がいくつか含まれています。


これは江戸時代に魚肉や獣肉等の「なまぐさもの」と,
野菜などの「精進もの」を食べわけるという習慣があったからだそうです。
そのため,「もどき」という言葉が重要だったわけです。


豆腐100珍の調理法は,
煮る,蒸す,ゆでる,薬,揚げる,炒める,なまと多彩です。

江戸時代は、現代よりも豆腐が沢山食べられていた時代だったのかもしれません。



inserted by FC2 system