++豆腐の歴史++

現在,豆腐を食べる地域は,中国から朝鮮半島,
日本,さらに東南アジアにまで広がっています。



++各地域の読み方++

・日本&中国    ・・・「豆腐」
・朝鮮半島      ・・・「トブ」
・ビルマ(現ミャンマー) ・・・「トーフー」
・ジャワ島       ・・・「トーフ」

多少のなまりはあっても,
ほぼ共通した呼び名が使われています。



++豆腐の発祥++

中国といわれていますが,
いつ頃,どこで誰が発案したのかについては,
実際のところわかっていません。

中国の古い文献を探ってみると,
2000年ほど前に明の李時珍が著した『本草綱目』の中に
「豆腐の法は漢の淮南王劉安に始まる」とあるそうです。

この本は、今日でいえば百科事典のようなものです。

しかし,実際には,劉安の時代の中国では,
まだ豆腐の原料となる大豆が存在していませんでした。
中国に大豆が入ってくるのは,この時代から半世紀も経ってからでした。


また,劉安は哲学書『淮南子』などの著作を残していますが,
彼が書いた書物からも,豆腐という文字は一つも出てきていません。

明確なルーツは,依然として謎のままです。

滋養に富む大豆をどのようにして食べるかを模索した結果,
“豆乳”という形が一番消化がよいことを経験から知っていき,
調味して豆腐の原形が生まれたのではないかと推測されています。

最初から今のような製法があったのではなく,
いろいろ試すうちに,豆腐が作られてきた,というわけでしょう。




++日本への伝来++

日本に豆腐が伝えられた経緯については、いくつかの説があります。

奈良時代から平安時代にかけて遣唐使として中国に渡った僧や学者たちが,
豆腐の作り方を教わって日本に持ち帰ったという説です。

当時の唐は今でいう先進国。
遣唐使の使命は,その進んだ中国の学問や技術をできるだけ多く吸収してくることでした。
その中には,味噌や豆腐などの食品加工技術も当然含まれていたかもしれません。

ただ,奈良や平安時代の文献には,豆腐のことがほとんど登場しません。

日本でもっとも古い豆腐の記録は,
平安の終わりごろに書かれた神主の日記に,「唐府」と書いてあること。
(あて字でいうことはいうまでもありません。)

14世紀以降,豆腐の記載が急激に増えてきます。


また,この説の他に,朝鮮から技法が伝えられたという説もあります。

四国の土佐(高知県)に,文禄慶長の役(戦国時代)に
長宗我部元親が朝鮮から捕虜を連れて帰り,豆腐を作らせたという記録があるそうです。

この朝鮮の豆腐は硬い豆腐が一般的。
土佐の豆腐も,朝鮮式なので硬いのが特徴です。

中国,朝鮮どちらのルートにせよ,日本に入ってきた豆腐は,
はじめは寺院で食べられ,禅僧たちの精進料理の中でさまざまに工夫をこらされました。




++庶民へ++

本格的に庶民の食べ物として取り入れられるようになったのは,江戸時代です。

といっても、まだ庶民一般には豆腐は高級食品でした。
徳川家康やその子の秀忠の時代には村々ではうどんやそばとともに,
"豆腐の製造も行ってはならず、農民がそれらを食べることも許されない”
という禁令が出されていたほど。。。

三代将軍・家光のときに出された「慶安御触書」には,
豆腐はぜいたく品として,農民に製造することをハッキリと禁じています。

その家光の朝食には,豆腐の淡汁,さわさわ豆腐,いり豆腐,
昼の膳にも擬似豆腐(豆腐をいったんくずして加工したもの)などが出されていたのが,
残された資料で分かっています。

この豆腐がようやく庶民の食卓に並ぶようになったのは,江戸時代の中期頃です。
それも江戸や京都,大阪などの大都市に限られていました。

天明2年(1782年)に刊行された,
豆腐料理の本「豆腐百珍」は爆発的な人気を呼び,
翌年「豆腐百珍続編」,翌々年「豆腐百珍余禄」が出版されました。

その後、豆腐は全国津々浦々まで普及し,
今日では健康食品,ダイエット食品としても注目されています。



inserted by FC2 system